教育方針

令和2年度 学校経営方針

※令和2年度 学校経営方針[PDFファイル]

学校教育目標
  • 進んで学習する生徒(知)
  • 人の気持ちがわかる生徒(徳)
  • 自ら体を鍛える生徒(体)
①進んで学習する生徒
→自らの将来を描けるような学びを定着させる
→学習のねらいを明確にし、しっかり学ばせる
→家庭学習の習慣化をはかる
②人の気持ちがわかる生徒
生徒同士、教師と生徒、家庭、地域が信頼関係で結ばれていて、多様なかかわりを通し社会性や協調性を育む
③自らの体を鍛える生徒
運動に親しみ、生涯にわたって必要な体力を身に付ける
目指す学校像
希望を胸に未来に向かって前進する学校
目指す生徒像
夢を実現する五中生
学校教育目標を達成するための教師像
  • 一人一人の生徒を考え、情熱と使命感を持って指導できる教師
  • 専門職としての誇りを持ち生涯学び続ける教師
  • 調和と協調を大切にし、個性を創造的に発揮する教師
校長の学校経営方針
教育の根幹は相互における信頼関係の上に成り立つととらえ
  • 「生徒から信頼される教師の育成」
  • 「保護者から信頼される教育活動の実施」
  • 「地域から信頼される学校の創造」を目指し、職員一丸となって取り組む。
学校教育目標達具現化のための本年度の方針

・進んで学習する生徒(知)について

①学力の向上
基礎的・基本的な知識及び技能の確実な習得、課題を解決するための思考力、判断力、表現力の育成、主体的に学習に取り組む態度を養う 。
「主体的・対話的で深い学び」の実現という視点を持って、生徒の変容を踏まえながら、指導方法を不断に見直す。
②学習指導の徹底
生徒が「学びたい」と思う授業を創造するとともに、課題のある生徒への学習支援を実施する。
家庭と連携し学校教育への理解を求めるとともに、家庭学習の習慣を定着させる。

・人の気持ちがわかる生徒(徳)

①教育相談の充実
不登校傾向にある生徒との信頼関係を深め、「決して見放さない」というスタンスで、粘り強く指導に当たる。
②生活規範の醸成
生徒の将来を見据えた、「生活規範」を確実に身に付けさせる。

・自ら体を鍛える生徒(体)

①体力の向上
授業や部活動等を通して、生徒一人一人の体力の向上に努める。
②健康的な生活の確立
健康的な生活を行う態度を育成する。
本年度学校重点目標
朝霞第三小学校との一貫教育を見据えた 、連携・交流の一層の推進を図る。